読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさこのゆ

産まれも育ちも現住所も北海道の母ちゃんが書いています

シエスタハコダテ潜入レポ。駐車場はあるの?無印が道内最大級ってほんと?

函館の五稜郭ダイエー(通称:ゴダイ、発音は「真鯛」と同じ)が閉店して早数年。

中心部にぽっかりと空くその跡地は、なんだかずーっと寂しい感じ。

何にもないようで何でもある普通のダイエーなんだけど、函館人にとってはちょっとだけデパートの雰囲気が味わえる特別なダイエー、それがゴダイ。

高校生のとき、ゴダイでプリクラ撮ったなぁ。クレープ屋さんや100均もあったし、大中もあった。

地下で丸井さんとつながっているのも、地下街のない函館のなかでは特別感。

 

そんなゴダイが生まれ変わった。

 

シエスタハコダテに!

f:id:asakonoyu:20170425120357j:image

 

目次

 

シエスタハコダテって?

シエスタハコダテは高層マンション、プレミスト五稜郭とともに建てられた、複合商業施設。

(プレミスト五稜郭が分譲された折、函館でこんなマンションつくって、大丈夫なんだろうか…!なんて余計な心配をしていた私。売れたみたいだね。ヨカッタ)

 

f:id:asakonoyu:20170425120427j:image

道内最大の店舗面積を有する無印良品はもちろん、Cafe&Meal MUJIや函館では知らない人はいない「魚長」のまるかつ水産が新鮮な鮮魚を揃えたお寿司屋さんなど、これまで函館にはなかった飲食店やグレードアップした馴染みのお店、全14店舗が入り、なかなか楽しみなかんじ。

(これまで函館駅前の棒二森屋にあった無印良品は閉店済み)

 

北海道随一の無印良品って? 

無印良品シエスタハコダテ店は、広い店内に食料品から雑貨、家具まで、その商品数は北海道一。

さらに、道内初のMUJI BOOKS、子ども木育広場など、とにかく無印良品の世界を最高に楽しみ尽くせる場所になってる。

 f:id:asakonoyu:20170425120521j:image

MUJI BOOKSが選んだ絵本も読み放題。

f:id:asakonoyu:20170425120540j:image

木のあたたかみを感じられる空間・おもちゃで娘も楽しそうに遊んでました。

 

私はオープンしてすぐ行ったから結構混んでいましたが、きっとすぐにゆっくり遊べるようになるでしょう。それが函館のいいところ…。

 

もちろん、お買いものも楽しみました。

最近、おしゃれインスタグラマーさん達がシンプルで機能的なアイテムとして無印良品を推すものだから、私もすっかり影響されて人生何回目かの無印良品ブーム。


欲しいものは、たくさん。


無印良品週間でもあり、ちょっとお買い得になっていたので、今回はこちらの3点を購入。

 

f:id:asakonoyu:20170425120454j:image

(フローリング用モップ・ドライ、フローリング用モップ・水拭き 共に441円 ブナ材洋服ブラシ 801円)

 

函館コミュニティプラザGスクエア

無印良品でのお買い物に疲れたら、4階のGスクエアで休憩もできます。

f:id:asakonoyu:20170425120948j:image

こんなふうに自由に座れる椅子&テーブルや、GLAYのモニュメント。

f:id:asakonoyu:20170425120958j:image

f:id:asakonoyu:20170425121017j:image

多目的に使えるスペースまで。f:id:asakonoyu:20170425121023j:image

 この日は函館山もキレイに見えました。

 

ちなみに、コインロッカーはこちらの4階にありましたよ。シエスタハコダテは午前10時オープンですが、このGスクエアだけは9時半からオープン。

この日もここGスクエアで、丸井や無印の開店をこちらで待ってる人がチラホラ。

 

Gスクエアでは、函館にしかできないようなイベントも予定されているそう。なんだか楽しみな場所になりそうですね。

 

シエスタハコダテに駐車場はあるの?子連れも楽しめる?

シエスタハコダテはアクセスがいい場所にありますが、そこは函館。車で行く人のほうが多いはず。

・・・

安心してください!停めれますよ。

シエスタハコダテには、すぐ隣にシエスタハコダテの駐車場のほか、提携駐車場があります。詳細はこちら、公式HPのリンクへ。

 

 

また、シエスタハコダテは子連れも楽しめる工夫がたくさんありました。

無印良品には先述した遊び場だけでなく、授乳室やオムツ替えスペースも充実、広くてキレイ。さらに、2階を中心に衣料品や絵本など、赤ちゃん用品からキッズ向けのアイテムなども充実。子どもを連れて来たくなりますよね。

f:id:asakonoyu:20170425120608j:image

 

 

オシャレなデパ地下!?シエスタキッチン

地下に降りると、そこは 

f:id:asakonoyu:20170425120649j:image

 

函館フードマーケットホール、シエスタキッチンが!

f:id:asakonoyu:20170425120655j:image

シエスタキッチンは、函館の有名なベーカリー「キングベーク」が姉妹店を出店、そのほかにもカフェやデリ、先に紹介したお寿司屋さんなど、これまで函館にはなかったオシャレなデパ地下 のようなグルメ空間。

 

ご飯を食べるもよし、持ち帰ってもよし。

私もプティ・メルヴィーユでケーキを購入。オープン記念で大好きなメルチーズをおまけで頂いてホクホク。

 

ちなみに、シエスタキッキンをぐるりとまわると、外につながるこんな場所が。

 

ここはどこへ繋がっているでしょう??

f:id:asakonoyu:20170425120713j:image

そうです、丸井です!シエスタハコダテのオープンに合わせて地下道もキレイになったよう。

 

 

函館、最近オシャレになってるってよ。

私のようなアラサー世代は、函館って本当何にもない街だなぁと思って育ってきたわけです。

でも、最近は函館蔦屋書店や、西部地区の賑わいなど、どんどんオシャレで独特の、唯一無二な街になってきていて、今では帰省のたびに行きたいところが増えています。

 

ネットショッピングでどこにいても東京の人と変わらない物は手に入るようになったけど、やっぱり函館人だってお買い物は直接手に取りたいし、目で見たい。

なにより、函館が慢性的に不足しているデートスポットや家族で遊びに行く場所が増えるのはとてもいいこと!!

 

ということで、シエスタハコダテ、なかなか楽しかったです。多分また行きます。

 

www.sharestar.jp