あさこのゆ

産まれも育ちも現住所も北海道の母ちゃんが書いています

出産レポ!前期破水~陣痛促進剤~帝王切開でやっと産まれた愛しいムスメ!

約一年前、娘を帝王切開で出産しました。

あんなにスペシャルな出来事だったのに、日々過ごしているうちに薄れつつあるあの記憶。。。もしかすると、もうあんな経験はないかもしれない(と考えると切ない)。

せっかくだからと昔のブログに書き残したものを、今回こちらにまとめてみました。

 

目次

 

それは破水から始まった

おしっこ・・・じゃない破水だぞコレ

それは予定日の約2週間前の朝。夫は前日、会社の飲み会で朝4時(アホ!)に帰宅。昼夜逆転妊婦となっていたので夫が帰宅時まだ起きていて、少しだけ会話をして眠りについた。

そして午前10時頃、トイレに起きた。

(小)をして、拭いて、・・・拭いても、拭いても、ウェッティ。

 

これ、破水かもしれん。

私の場合はジャバーっと出るタイプではなく、チョロチョロとしたたり落ちるタイプで、透明の水に少しだけ血が混じっている感じ。

 

「お、夫~」と震える声でトイレから夫を呼び、破水したかもしれないことを伝えると、二日酔いだったはずの夫が入院バックを持ってきたり、バスタオルを用意したりと、途端にキビキビと動き始めた(ちょっとウケた)。

そして病院へ連絡したところ、今すぐに入院準備をして来るよう言われ、2人で病院へ。 

即入院、即昼食

病院へ着くやいなや、私はベテラン風の助産師さんにあれよあれよと脱がされ、履かされ、着させられ。

あっという間に産じゅくショーツを着用した分娩室所属の妊婦へと変身。

「これ、破水だね。このまま産後まで入院です。」

「あ、ちょうどお昼ご飯来る時間だから。出産に備えて、しっかり食べて。」

「予定日より少し早いといっても、十分出産しても問題ないから破水したんだよ、きっと今日中には陣痛来て出産かな。満月だしね。」

と、ものすごいスピードで助産師さんは言った。

 

私は「今夜、親になるんだ~」なんてのんきに言いながら、病院食(めちゃくちゃ美味しかった)を全部平らげ、今夜来るであろう陣痛に備える。

でもこのとき、私と夫は出産まであんなに時間がかかるとは思ってもいませんでした…

 

陣痛が、こない

普通すぎてもう。

その後も陣痛が来ることなく、どこも痛くないし平常通り。

ただし、かなり不便。大きなお腹にNSTという赤ちゃんの心拍を測る器具をくっつけられ、左腕には点滴。

だからトイレに行くのは大仕事。点滴とNSTの2本をガラガラと引っ張りフーフー言いながらトイレへ向かう。そして、一度解体されたら2度と着けられないような複雑な構造になっている産じゅくショーツ(これ、わかります?解体したら一枚の布になるやつ!)をそろそろと下ろす。もちろん、拭くのも大変。

 

でも、それ以外は何も問題なし。

それどころか、ダラダラしてるだけでご飯は3食、15時におやつは出るし皆優しいし、とにかく快適。

 

気付けば夜になり、夫は帰宅。

夜中、同じ分娩ルームの妊婦さんが3人出産し、生まれた直後の赤ちゃんを抱っこさせてくれた。

赤ちゃんは人間じゃないみたいで、不思議な、でも愛しい生きものだった。

 

いよいよ!?錠剤タイプの陣痛促進剤をスタート

翌朝、うんともすんとも言わない私の身体とお腹の赤ちゃん。

子宮口は2センチくらい。まだまだ全然進んでいない、私のお産。

 

先生「今日は錠剤タイプの陣痛促進剤(子宮収縮剤)で子宮口を柔らかくして、陣痛を待ちましょう」

ということで、錠剤を服用。

 

少しは運動したほうがいいかもと思い、病院内を夫と散歩したけど、特に変化はなく。夜21時頃にすこ~しだけ、おしりの奥に痛みを感じたものの、まだまだ笑えて余裕もある。そのままこの日も周りの妊婦さんの陣痛・出産ラッシュを横目にyoutubeを観ながら眠れない夜を過ごした。

 

陣痛促進剤でいきなり陣痛2分間隔

周りの妊婦さんが陣痛に苦しむ中、結局破水後丸2日陣痛が来ず、そろそろ焦りを感じてきた・・・。

それでも、今日は点滴で陣痛促進剤を入れることになっているから、きっと今日こそ出産できるはず。

 

陣痛促進剤はほんとヤバい

陣痛促進剤の点滴を入れ、最初は余裕〜なんて思って何故かディスカウントされていた椎名林檎のライブDVDをスマホにダウンロードし、「これ観ながら陣痛耐えて子宮口開くの待つか〜」なんて思っていたのも束の間。

 

やばいこれやばい。

やばいこれやばいやつだ。

 

キタキタキター

 

はい。私にも陣痛がきましたよ(ただし人工的に)。

 

生理痛の重たすぎるやつ+お尻の穴痛すぎるやつ

 

これが1時間もしないうちに2、3分おきにくる。ライブDVDなんて観てる余裕があるはずもなく、ただただ痛みに耐え続ける。

そして、こんな日に限って夫は来られず、一人で陣痛の痛みに耐え続けた。

数時間後、私は陣痛の間2分ごとに寝る(というか意識ない)ほどまでに陣痛レベルがアップ。

 

陣痛に耐えている間は「次、痛み引いたら体の向き変えよう」と思っていたのに、痛みが引いた2分間は気を失ってるため、それができない。で、また陣痛がくると今度は痛くてそれができない。

 

途中、先生の内診があったりして(陣痛来てるときに内診で子宮口の開き確認されるの、あれ痛すぎて死ぬ)、気付けば9時間が経っていた。子宮口の開きは6センチ。これが10センチまで開かないと分娩できない。

 

この時点で陣痛促進剤を始めて9時間が経っており、これ以上促進剤を使うのは危険と判断され、点滴を止めた。

先生は「このまま自発的に陣痛が続けば今夜出産だね」と言ってくれたのですが…

 

嘘でしょ陣痛また止ま…

促進剤を止めてからもしばらくは陣痛が続いていた。このまま痛みに耐えて頑張らなきゃと思っていた頃、夫から「今から行く」と連絡が入った。

陣痛で痛み苦しむ姿を見せたかった私。

 

…ごめん、陣痛止まって元気になっちゃったよ。

 

そう。そうです。また私の陣痛のヤローはこなかった(続かなかった)んです。

これまでの痛みはあくまで促進剤の力。ほとんどの妊婦さんはそのまま自発的に陣痛が続き、子宮口が開いて、分娩・出産の流れに進めるのに、またしても私は進むことができず。

 

その日も何人もの妊婦さんの出産を励まし、見送りながら、 眠れない夜を過ごしたのでした。

 

予定外の帝王切開

翌朝、たま〜にお尻が痛いくらいで、あんなに痛かった陣痛はほとんど収まってしまい、子宮口は5センチまで後戻り。まだまだお腹のなかにいたいらしい娘。

 

先生からは今帝王切開で産むか、もう少し陣痛促進剤頑張るか、でもどちらにせよ17時になったら帝王切開で出産になるとの説明を受けた。

 

経膣分娩(下から産むこと)にこだわるのか、帝王切開で産むのか決断のとき…。

 

あ〜、私そもそも和痛分娩を希望してたんだよなぁ。でも、和痛どころじゃなかったなぁ。帝王切開か〜、それはそれで痛そうだな〜。やだな〜。

 

そんなふうに頭の中をグルグルさせながら夫と話し合い、もう疲労困憊の私は少しでも早く赤ちゃんに会いたい!!と、帝王切開に踏み切ることに。

 

あれよあれよと進む、手術の準備

そうと決まれば早かった。

担当の助産師さんが採血したり血圧測ったり下の毛剃ったり靴下履かせたり、私はもうされるがまま。

このとき「あぁ、脱毛で下の毛少なくしててよかったぁ」と思った。それ以外何を考えてたのか覚えていない。

 

そしてその若くて可愛い担当助産師さんが「手術、不安だと思うんで私一緒に入りますね!!ちゃんと最初から最後までいます。赤ちゃんも私に任せてくださいね!」と言ってくれた。

 

にしても、入院から退院まで、多くの助産師さんに頭の先からシモの世話まで大変お世話になりましたが、あのときほど助産師さんが頼もしくカッコよく見えた瞬間はありません!

 

硬膜外麻酔から、手術がスタート

最初は意識を保ちながら下半身の麻酔を効かせるため、硬膜外麻酔をする。

麻酔の先生は女性の優しそうな人だった。

背中に注射針を刺すなんて…!と恐怖のどん底にいた私は怖い怖いと目をつぶり、助産師さんに手を握られながら、なんとか注射を耐えた。

(意外と痛くなかった。大げさなやつ)

 

次に背中に麻酔を入れる。怖くて全身が震えた。最初から最後まで、代わる代わる助産師さんたちに手を握って貰う。

そして気付けば足に氷を当てられても全く感覚がないほどになっていた。

 

そして執刀医のこれまた美人で賢そうな先生が切ったりなんだりして(このときはもう痛みはない。子宮をめちゃくちゃ押されてる感じ)、やっとこさ娘が誕生。

 

祝!生誕

産声(うぶごえ)は私に似た低温ボイス。

担当の助産師さんがすぐに娘をキレイにして、私と娘のほっぺとほっぺをくっつけてくれた。

 

感動よりも、ほっとした。

そしてここから、全身麻酔に切り替え、記憶がない。

 

帝王切開が終わったあと

娘と夫が初対面

夫は手術室の外で一人で待っていた。病院に置いてある「こち亀」を読んでいたらしい。

 

私はというと、なんとなく夫に名前を呼びかけられた気がしたが、そこから3時間は眠っていたらしい。

 

目が覚めると、手術室から病室に移動していた。麻酔と機材で動けぬ私。

先に病室にいた夫にねぎらいの言葉をかけてもらい、少しして助産師さんが娘を連れてきてくれた。透明のプラスチックケースのなかにいる娘。

 

すごーく、小さかった。

 

私はまだ起きられないので、夫が娘を初抱っこ。抱き方がぎこちない。

それでも感じる多幸感。

 

f:id:asakonoyu:20170514110925j:image

 

眠くて眠くて仕方ない、可愛くて可愛くて仕方ない

そのあとはなんだか眠くて眠くて仕方がなかった。夫は20時まではいると言っていたものの私が眠すぎて19時には帰ってもらい、19時半には寝た。

 

こうして、私の人生最良の日は終わった。

 

翌朝また娘が病室にきた。私はまだ寝たきりだったけど、

 

「一生見ていられる」

 

そんな風に思えるくらい、娘は可愛くて仕方がなかった。

 

これから出産する皆さん、出産は不安かもしれないけど、もう「なるようにしなならない!」と思ってなんとか乗り切って下さい(>_<)ありきたりだけど、産まれてくる赤ちゃんは死ぬほど可愛いです。

そして、赤ちゃんと一緒に新しい毎日を積み上げるのはとっても楽しいです。

 

はぁ、私もまた出産したいな。新生児抱っこしたい。

2人目妊活、頑張ります。