読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさこのゆ

産まれも育ちも現住所も北海道の母ちゃんが書いています

ペヤングを手に入れた道民がやき弁と食べ比べしてみた!

北海道グルメ

 

北海道でカップ焼きそばと言えば、UFOでも一平ちゃんでもありません。

マルちゃん「やきそば弁当」です!!通称やき弁。

 

f:id:asakonoyu:20170225132700j:plain

 

北海道のソウルフードの称号をもち、いつも道民のそばにある「やきそば弁当」は、会社の休憩中に、誰かが食べていたらその匂いだけで

「どうして今日自分はやきそば弁当にしなかったのか」

と、ものすごい後悔に襲われるほどの魅力をもつカップ焼きそばです。

 

カップ焼きそば=ペヤングだと!?

一方、本州以南のカップ焼きそばとして不動の地位を築いているらしい、その名も「ペヤング」。有名人にも多数のファンがいるようで、たまにテレビでもその名を聞くことも。

あ、ダウンタウンのまっちゃんはペヤング好きとして有名ですね。

 

 

まっちゃんは、このころツイッターをやめようかと思っていたそうですが、ペヤングが販売再開するならオレも(ツイッター)再開するか。。。とツイート。

 

あの、まっちゃんの気持ちさえも変えてしまうペヤング

どれほど美味しいカップ焼きそばなんでしょう。

ずっと、食べてみたい・・・とぼんやりと思っていた私。それから約2年のときを経て、偶然ドンキホーテの店頭でペヤングを発見。迷わず手に取りました。

ちなみに、北海道のスーパーやコンビニでペヤングを見かけることは、ほぼありません。

 

せっかくなら、ペヤングとやき弁比較しちゃいましょう

f:id:asakonoyu:20170225124753j:plain

いわずもがな、写真向かって左がペヤング、右がやき弁ですね。

一昔前の蓋付きのころは、やき弁もペヤングとそっくりな外装でした。

 

どちらもカロリーは堂々の500kcal超。立派です。

立派だけど、これはダイエット中や夜中には食べちゃだめなやつ。ふたつを一度に食べ比べするなんて、もってのほか。

朝子はよく訓練された大食い母ちゃんですので、絶対に真似しないで下さい

 

f:id:asakonoyu:20170225145205j:plain

 中身はこんな感じ。

ほとんど同じ…と見せかけてここで大きな違いが3つあります。

  • ペヤングのソースが少なくみえる
  • ペヤングにはスパイスがついている
  • やき弁には中華スープがついている

完成!実食!

f:id:asakonoyu:20170225150118j:plain

(ブログに載せるならもっときれいに周り拭いたりすればヨカッタ)

 私は最初「とはいえ、きっと同じような味なんだろうな」と本気で思っていました。でも…ペヤングとやき弁は

 

ぜんっぜん違います。別物です。

 

もう、香りからして違います。そして味は全く違いました。

ペヤングはいかにも「ソース」という味ではなく、なんとなくスパイシーさが感じられるコショウっぽい味でした。

さらに、付属のスパイスを加えると、よりスパイシー。コショウの味が好きな人は好きだと思います。

一方、食べ慣れたやき弁の味は、ソースソースソース。甘みを感じるソース味

ちなみに、麺はペヤングの方が固めです。

 

やき弁の中華スープについて

味の違いはもちろんですが、ペヤングとやき弁の一番の違いはこの中華スープの有無ではないでしょうか。

f:id:asakonoyu:20170225153324j:plain

(このように、お湯を捨てずにスープに再利用。常に合理的過ぎる道民にピッタリ)

 

私の撮影技術とまさかのiPhone 5S愛用中という哀しい事情も相まって、大変まずそうに写っていますが、実際は黄金色の美味しそうなスープです。そして、実際に美味しい。

カップ焼きそばって、どうしても口の中が乾きます。一気食いすると、喉に詰まってしまいそうになることも。

そんなとき、この中華スープはいい具合に口に潤いを与え、やき弁のソース味を邪魔することはなく、ホッとするようなコンソメスープにも似た味のカップ焼きそばには外せない飲み物なのです。

 

どちらも美味しいけど

 やっぱり私はペヤングよりも、中華スープの味も含めたマルちゃんのやきそば弁当が好きです。でも、同じく道産子である夫(本州に転勤経験あり)は、ペヤングが好きだと言います。

結局、美味しい基準は人それぞれ。それでも、いままでやき弁を食べたことのない方は是非、やき弁を食べてみて欲しいです。

また、道民は毎回当たり前のようにやき弁をチョイスするのではなく、一度ペヤングのスパイシーさも体感して欲しいと思いました。

 

追伸:翌朝なぜか1.5キロ太っていたよ!!

 

おしまい。