読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさこのゆ

産まれも育ちも現住所も北海道の母ちゃんが書いています

運転が大嫌いだったペーパードライバー歴10年超の主婦が運転を始めた話

 

「運転できるようになりたい」

 

うっすらと、そう思ってから何年が経ったことでしょう。

今回は、18歳で免許を取ってから、約14年のペーパードライバー歴を経て運転を再開した主婦のお話です。

 

f:id:asakonoyu:20170527181057j:plain

 

教習所で植えつけられた苦手意識

わたしは18歳の夏に教習所に通い、約3ヶ月後に運転免許を取得しました。

教習所に入校したとき、その後自分が「運転が苦手」と言うことになるなんて想像もしていません。むしろ、場内(教習所の敷地内)を運転している間は運転が得意なタイプだと勘違いしていたほどです。

 

順調に仮免許を取得して、路上教習がスタートしました。

 

・・・なんじゃこれ、めっちゃ怖い。

 

たまたまわたしが通った教習所の場所も悪かった(すぐ横が市内有数の幹線道路だった)と、今となっては思うのですが、片側3車線で車がびゅんびゅん走るような道路をまだまだひよっこのわたしが運転しなければならない状況が毎回続きました。

しかもなんの自信があったのか、わたしはマニュアル車で教習を受けていたのです。

 

ドキドキしながら何度も車線変更をしなければ右折することができず、交差点の真ん中でエンストを起こして教官にため息をつかれ、冷や汗をかき続ける一時間。もう最悪。

 

路上教習でわたし運転が大嫌いになりました。

 

ペーパードライバー歴は早14年

運転が嫌いなまま、なんとか卒検に合格して運転免許証を取得。

そのままわたしは運転することなく過ごしました。

 

常に家は駅近で交通の便は良く、必要であれば車を出してくれる家族や友人もおり、運転できなくても特段困ることもありません。

そして、わたしの運転免許証はただの「身分証明書」へと変わり、いつしか帯は金色に。

 

そんなこんなで気付けペーパードライバー歴は14年

車のエンジンの掛け方すら知りません。

 

出産を機に運転再開を決意

そんな、運転が嫌いでもう一生運転しないと心の底から思っていたわたしが、運転を再開することを決意しました。

 

それは、子どもを出産したからです。

 

子どもが生まれ、この先何年も育てていかなくてはならない。

もちろん、運転ができなくても育てることはできるし、特に問題はないかもしれない。

 

それでも、将来を想像すると、母親であるわたしが運転できたほうが子どもにとって断然いいと思いました。

また、実家の父母もあと10年、15年もすると免許を返上でしょう。そんなとき、わたしが病院まで連れて行ったり、買い物に付き合ったり・・・。

 

うん、やっぱり運転できたほうがいい。

 

ペーパードライバー講習を受けるまで

こうして、ペーパードライバーを卒業すると決意したわたしは行動を起こします。

 

出張ペーパードライバー講習を受ける

最初は夫に教えて貰おうと、夫を助手席に乗せて運転を試みました。

お互いイライラして練習になりません

夫は息をするが如く感覚で運転できるのに対して、わたしは運転をする上での知識と理論が必要で、あとは何度も練習をして慣れていかないと運転ができないタイプでした。

なので、夫のいうことが全く理解できず、夫にイライラ。そんなわたしに夫もイライラ。

 

余計に運転が嫌いになると思ったわたしは、プロの手を借りることに。

ネットで「ペーパードライバー講習」と検索し、いくつかの自動車教習所が講習を行っているほか、個人でペーパードライバー講習を行っている方がいることを知りました。

 

料金はどちらも1~2時間で約10,000円。

最初は自動車教習所へ行こうとも思ったのですが、自宅まで来てくれることと、自分の車で運転できるところいいなと思い、個人でペーパードライバー講習をしている方に連絡しました。

 

ペーパードライバー講習の感想

わたしのような人はたくさんいるのでしょう、先生は誰が見てもわかりやすい資料を持参し、車の機能を一つひとつ説明してくれました。

エンジンの掛け方から、車を停車させるまで、まずは駐車場内で車を停止させた状態で、丁寧に教えてくれます。

 

そして、いよいよ発車。

先生は長い棒のようなものを用いて、簡易的な補助ブレーキを取り着けました。 

 

最初こそ緊張して不安でいっぱいだったのですが、優しく教えてくれる先生のおかげで、2時間後には障害がなければふらつくことなく真っすぐ運転できるように。

 

この1回の講習をきっかけに、わたしの運転に対する意識が少しだけ前向きになりました本当に受けて良かったと思っています。

 

ペーパードライバーを卒業して

それからは夫に助手席に乗ってもらい、生活圏内を運転できるように日々練習しています。

本当にまだまだですが、今では一人で最寄駅まで運転して往復、帰宅してバックで駐車ができるようになりました。

運転できる人からしたら、これ位運転できてもなんの意味もないのかもしれません。

 

でも、運転といえば夫に頼りきりでエンジンの掛け方すらわからなかったわたしが、雨の日に夫を最寄り駅まで迎えに行けるようになったって本当に凄いことなんです。

人間いくつになっても頑張れば「できること」って増やせるんですね。なんだか久しぶりに自分に自信がついた出来事でした。

 

車でどこにでも行ける自分になる

今はまだ最寄り駅までしかひとりで運転できないわたしですが、これからは少しずつその距離を延ばしていきたいと思っています。

車線変更や右折、路駐の車を避けたり狭い道路で対向車とすれ違う。これらのことは全部苦手で駐車場も怖いし駐車もまだまだ上手いとは言えない。。。

 

それでも娘や自分が行きたいところにいつでも行けるようになりたいから、これからも運転、頑張ります!